初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリス:「僕は笑顔!」

デ・アンジェリス:「僕は笑顔!」

日本GPの転倒で入院生活を強いられたが、バレンシアに元気な姿を見せた。

E‐エモーション・イオダレーシングのアレックス・デ・アンジェリスは6日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットに元気な姿で現れ、所属チーム、メディカルスタッフ、クリニカ・モバイル、パドックの関係者に挨拶を交わし、回復具合を説明した。

バレンシアで君に会えたことは最高だ。体調はどうだい?< br/> 笑顔だよ。笑顔は、最初に考えられたことと比べて、それほど酷くないことを意味する。みんなが考えていたほど、僕は体調が良いことを、僕と一緒に働いている人たち、僕を知っている人たちに知ってもらうために、バレンシアに来た。当然、ここにいることは気分が良いけど、できれば、バカンスよりもレースがしたい。

これほどの早く回復は信じられない。< br/> 医師団も同じことを言ってくれた。僕の早い回復に医師団は驚いている。まだ良く寝られない。骨折で快適に寝られる姿勢がなかなか見つからないけど、問題なく、リハビリに取り組める。毎日午前中に1時間の自転車トレーニング。僅か3週間だから、信じられない回復スピードだ。これなら、思っていたよりも早い時期にバイクに乗れるだろう。

リハビリの次の段階は?< br/> 今は自転車だけだけど、来週帰国してからは、背中を中心に身体全体を動かすために、プールでのリハビリを始める。1ヶ月後には普通の生活に戻れるだろう。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Alex de Angelis, E-Motion IodaRacing Team

Other updates you may be interested in ›