初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ロースが今季19度目の最速時計

フリー走行1:ロースが今季19度目の最速時計

ランク4位争いのロースが1番手、ルティが2番手、フォルガーが4番手に進出。

最終戦バレンシアGPのフリー走行1は6日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ランク4位のサム・ロースが今季19度目のトップタイムをマーク。第16戦オーストラリアGPに続き今季8度目の1番手発進を決めた。

ランク4位の獲得を目指すロースは、1分36秒台を11回、1分35秒台を2回記録。1分35秒761の1番時計を刻めば、ランク5位のトーマス・ルティは、1分36秒台を12回、1分35秒台を2回記録して、0.203秒差の2番手。

ランク2位のアレックス・リンスは、1分36秒台を12回、1分35秒台を1回記録して、0.233秒差の3番手。ランク6位のジョナス・フォルガー、ランク3位のティト・ラバット、ランク13位のルイス・サロン、ランク18位のフリアン・シモン、ランク12位のシモーネ・コルシ、ランク11位のロレンソ・バルダッサーリ、ランク9位のフランコ・モルビデッリがトップ10入り。

2015年王者のヨハン・ザルコは、0.799秒差の11番手。

ランク8位の中上貴晶は、今季5度目の転倒を喫した前に、1分37秒台を5回、1分36秒台を8回記録して、0.842秒差の12番手だった。

フリー走行1

Tags:
Moto2, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP1, Sam Lowes, Alex Rins, Thomas Luthi, Speed Up Racing, #ValenciaGP

Other updates you may be interested in ›