初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ロレンソが今季9度目の初日1番手発進

フリー走行2:ロレンソが今季9度目の初日1番手発進

タイトル争いの両雄、総合2位のロレンソが初日総合1番手、総合1位のロッシが初日総合5番手。

最終戦バレンシアGPのフリー走行2は6日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季31度目のトップタイムをマーク。前戦マレーシアGPに続き、今季9度目の初日総合1番手に進出した。

気温26度、路面温度29度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手のロレンソは、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分32秒台を3回、1分31秒台を8回記録。1分31秒111の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で3番手のダニ・ペドロサは、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分32秒台を8回、1分31秒台を4回記録して、0.266秒差の2番手、初日総合3番手。

フリー走行1で7番手のアンドレア・イアンノーネは、4度のコースインで最多の22ラップを周回すると、1分32秒台を6回、1分31秒台を4回記録して、0.333秒差の3番手、初日総合4番手。

フリー走行1で5番手のバレンティーノ・ロッシは、4度のコースインで20ラップを周回すると、1分32秒台を4回、1分31秒台を8回記録して、0.364秒差の4番手、初日総合5番手。

フリー走行1で今季6度目の1番手発進を決めたマルク・マルケスは、4度のコースインで20ラップを周回すると、1分32秒台を5回、1分31秒台を5回記録して、0.370秒差の5番手、午前のラップタイムで初日総合2番手。

フリー走行1で12番手のダニロ・ペトルッチは、0.464秒差の6番手に浮上。フリー走行1で6番手のポル・エスパルガロ、フリー走行1で9番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行1で8番手のカル・クラッチロー、フリー走行1で16番手のマーベリック・ビニャーレスがトップ10入り。

フリー走行1で18番手のエクトル・バルベラは、オープンオプション勢の最高位となる0.933秒差の11番手、初日総合12番手。

フリー走行1で4番手のアンドレア・ドビツィオーソは、1.383秒差の14番手、初日総合7番手だった。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP2, Dani Pedrosa, Marc Marquez, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #TheGrandFinale, #ValenciaGP

Other updates you may be interested in ›