初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「グリップ不足の解決」

ペドロサ:「グリップ不足の解決」

2戦連続の優勝に向け、リアタイヤのグリップ不足解消に取り組むことを説明。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、最終戦バレンシアGPの初日に3番時計と2番時計を記録。2戦連続3勝目、リカルド・トルモ・サーキットで3年振り4勝目に向け、初日総合3番手に進出した。

前戦マレーシアGPで独走優勝した勢いに乗って、フリー走行1は、トップタイムから0.303秒差の3番手。フリー走行2は、3度のコースインで21ラップを周回すると、1分32秒台を8回、1分31秒台を4回記録して、0.266秒差の2番手。

「3番手で終わったけど、グレートなスタートではなかった。午前、トラックに飛び出したときの第一印象は、リアタイヤのグリップが少し足りなかった。この小さな問題の解決に向けて1日を費やし、解決に向けて、セットアップに集中する必要がある。現時点でレースがどうなるか分からない。明日の改善に集中している」と、課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #TheGrandFinale, #ValenciaGP

Other updates you may be interested in ›