初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:オリベイラが今季初めて総合1番手に進出

フリー走行3:オリベイラが今季初めて総合1番手に進出

総合2位のオリベイラがラストレースでの逆転を目指し、初めて総合1番手に進出。総合1位のケントは総合12番手。

最終戦バレンシアGPのフリー走行3は7日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ランク2位のミゲール・オリベイラが今季7度目のトップタイムをマーク。最終戦で今季初めてフリー走行総合1番手に進出した。

フリー走行総合7番手のオリベイラは、1分40秒台を5回、1分39秒台を3回記録。1分39秒293の1番時計を刻めば、フリー走行総合5番手のホルヘ・ナバーロは、1分40秒台を11回、1分39秒台を2回記録して、0.190秒差の2番手に浮上。

 

フリー走行総合9番手のロマーノ・フェナティは、0.239秒差の3番手。フリー走行総合12番手のヤコブ・コーンフィール、フリー走行総合10番手のニコロ・ブレガがトップ5入り。

フリー走行総合3番手の尾野弘樹は、1分40秒台を6回、1分39秒台を2回記録して、0.415秒差の6番手。フリー走行総合24番手のジョン・マックフィー、フリー走行総合11番手のアンドレア・ミニョ、フリー走行総合15番手のブラッド・ビンダー、フリー走行総合18番手のフィリップ・エッテルがトップ10入り。

フリー走行総合1番手のダニー・ケントは、1分40秒台を6回、1分39秒台を1回記録して、0.607秒差の12番手。

フリー走行総合17番手の鈴木竜生は、1.133秒差の24番手、フリー走行総合25番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, FP3, Miguel Oliveira, Romano Fenati, Jorge Navarro, Red Bull KTM Ajo, #ValenciaGP , #TheGrandFinale

Other updates you may be interested in ›