初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ロレンソがベストラップ更新でPP奪取

公式予選:ロレンソがベストラップ更新でPP奪取

タイトル争いの両雄、総合2位のロレンソがバレンシアで初めてのポールポジションを奪取すれば、総合1位のロッシは転倒で12番手。マルケスとペドロサが1列目に進出。

最終戦バレンシアGPの公式予選は7日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが週末2度目、今季32度目のトップタイムをマーク。第15戦日本GP以来今季5度目、最高峰クラスで35度目、当地13度目の挑戦で1度目、キャリア通算61度目のポールポジションを奪取した。

気温26度、路面温度31度のドライコンディションの中、フリー走行総合4番手のロレンソは、フリー走行4で1分31秒台を10回記録して、0.144秒差の2番手。公式予選2は、サーキットベストラップ(1分30秒237)を更新する1分30秒011の1番時計を叩き出した。

フリー走行総合3番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分31秒台を9回記録。1分31秒203の1番時計を刻むと、公式予選2は、0.488秒差の2番手に入り、11戦連続16度目の1列目に進出。

フリー走行総合6番手のダニ・ペドロサは、フリー走行4で1分31秒台を9回記録して、0.185秒差の3番手。公式予選2は、0.505秒差の3番手に入り、2戦連続6度目の1列目を確保。

フリー走行総合11番手のアレイシ・エスパルガロは、公式予選1で今季3度目の1番手、公式予選2で0.906秒差の4番手まで巻き返すと、フリー走行総合9番手のカル・クラッチロー、フリー走行総合5番手のブラドリー・スミスが2列目に進出。

今季初めてフリー走行総合1番手に進出したアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で1分31秒台を3回記録して、0.543秒差の5番手。公式予選2は、1.045秒差の7番手。フリー走行総合7番手のポル・エスパルガロ、フリー走行総合8番手のアンドレア・ドビツィオーソ、フリー走行総合10番手のダニロ・ペトルッチがトップ10入り。

フリー走行総合13番手のマーベリック・ビニャーレスは、公式予選1で今季7度目の転倒を喫した後に、2番手まで巻き返すと、公式予選2で11番手。

フリー走行総合2番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分31秒台を6回記録して、0.233秒差の4番手。公式予選2は、7ラップ目に今季2度目の転倒を喫して、1.460秒差の12番手。

フリー走行総合12番手のエクトル・バルベラは、公式予選1で5番手に入り、オープンオプションの最高位に進出。フリー走行総合20番手のロリス・バスは、6番手だった。

フリー走行4
公式予選1
公式予選2
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Q2, Movistar Yamaha MotoGP, #TheGrandFinale

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
公式予選1:スズキの両雄が1‐2番手

1 year ago

公式予選1:スズキの両雄が1‐2番手