初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「タイヤの信頼感を掴むのに役立った」

ペドロサ:「タイヤの信頼感を掴むのに役立った」

シーズン終盤の好調さを維持するように、新たな技術規定に適応する最初のオフィシャルテストで連日の3番手に進出。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、リカルド・トルモ・サーキットで実施されたオフィシャルテスト2日目、最終日に10度のコースインで60ラップを周回すると、1分31秒台を10回記録。トップタイムから0.120秒差の3番手、総合3番手に進出した。

「今回のテストは良かった。天候に恵まれたことは幸運。全体的に、この2日間は新しいタイヤの信頼感を掴み、電子制御の第一印象を得ることに役立った。重要な問題に気付き、そこから理解することにトライした。昨夜は今日に向けて、ベターなセットアップを整えるために多くの仕事に取り組んだ。」

「新しいエンジンも試したけど、現時点で、現状の電子制御を搭載して、良く検証することが非常に難しい。新しいエンジンの最良な情報の収集が許されるグッドなベースと共に次回のテストに臨むには、多くの時間が必要だ」と、現時点の状況を説明。

レプソル・ホンダは、25日から3日間、ヘレス・サーキットでプライベートテストを予定する。

Tags:
MotoGP, 2016, Dani Pedrosa, #2016StartsNow

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›