初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「リアタイヤはグリップがある」

ロッシ:「リアタイヤはグリップがある」

2016年の再挑戦に向け、大きな技術規定の変更となるタイヤと電子制御のテストに着手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、リカルド・トルモ・サーキットで始まったオフィシャルテスト1日目に、2015年型のYZR-M1に2016年のオフィシャルタイヤサプライヤー、ミシュランのタイヤを装着し、タイヤテストを中心に57ラップを周回。トップタイムから0.850秒差の12番手だった。

「ビックチェンジで興味深い。特にタイヤは来年大きな違いとなるだろう。沢山の変更...特にセッティング、重量配分、全てのこと。僕たちのライダーたちは、ミシュランで距離を走っているから、少し前に行っているようだけど、まだ1日目。新しい電子制御も試した。まるで過去に戻ったようだ。これも興味深いだろう。まだ1日目。沢山の仕事をしているところ。」

「リアタイヤは非常に似ている。ミシュランはグッドだ。すごく良いグリップがある。フロントタイヤは大きな違いがあり、最大限に旋回するために、どのくらいの荷重が必要なのかを理解する必要がある。多くの時間が必要だ」と、課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016

Other updates you may be interested in ›

Mahindra Racing
プジョーが軽量級に参戦

1 year ago

プジョーが軽量級に参戦