初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

チャンピオンインタビュー~ホルヘ・ロレンソ

チャンピオンインタビュー~ホルヘ・ロレンソ

2015年の王者ロレンソがタイトル獲得に成功したシーズンを振り返り、一度も諦めずに全力で挑戦したことが報われたと説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、最終戦バレンシアGPで逆転に成功。最高峰クラスで3度目、キャリア通算5度目のタイトル獲得を決めた後、当サイトのインタビューに対して、次のように答えた。

「2014年に入ってからフィジカルトレーングを継続。あの当時、体調は良くなかった。ステップ・バイ・ステップで調子を上げて行くと、2015年には前年よりも体調が整った状態で迎えることができ、バイクも同様に準備が整っていた。」

「カタールでは、ヘルメットの問題があり、終盤に視界を失ってしまった。オースティンでは体調不良で、抗生物質の投与を強いられ、アルゼンチンでは週末に一度も速く走れなかった。それに、柔らなめ選択のタイヤを選んでしまった。厳しかった。ポイントリーダーから29ポイント差。素早いリアクションが必要で、『OK、ホルヘ。走るだけだ。何も考えず、単純に本能の赴くままに、ベストな走りに徹するだけだ』と、自分に言い聞かせ、それを実行した。それが功を奏して、グッドな巻き返しが始まった。」

「シーズンのある時期、タイトル獲得は非常に困難だと考えた。最初にそれを考えたのは、29ポント差に広がったアルゼンチンの後。次はミサノ。水曜にサーキットに到着すると天候は完璧だったけど、日曜の決勝レース時に雨が降ってしまった。少し欲求不満だったけど、僕たちは決して屈しなかった。ミサノのアクシデントは、キーポイントの瞬間だった。あの時、勝利だけに集中することが必要だと気付いた。」

「バレンティーノは、時々理由のない発言を含め、メディアとの会話において、常に非常に頭脳的だった。可能な限り最善の形で理解に努めることが必要で、特に彼が意見を語り、僕もそうしたセパンの後で、少し緊迫感が戻ったことは通常のことだった。僕たちは過去のことを忘れ、将来は全てが通常の状態に戻ると思う。」

「バレンシアの前、僕のチームのメンバーにワッツアップメッセンジャーを通じて、『全ての意味で、僕たちのキャリアで最高の週末にしなければいけない』と、伝えた。そして僕たちは実行した。緊迫感と重圧。これほど難しい週末を過ごしたことは、過去に一度もなかったと思う。バレンティーノが4位に進出することは想像していたから、もし、ダニかマルク、もしくは2人が僕を抜いたら、タイトルを失ってしまうことが分かっていた。『お願いだから、今回は全力でトライしないでくれ』と、祈っていたけど、彼らがフロントタイヤに問題を抱えていたことは知らなかった。レースに勝ち、最後の瞬間にチャンピオンシップを勝ち取った。これほど、エキサイティングでドラマッチックなファイナルに出くわすことは不可能だ。」

「僕は人生で一度もバイクの上で泣いたことがなかったけど、今回は特別。全てを犠牲にして、タイトル獲得に向けて苦しんだ。全てが終わったとき、どこにいるのか、何が起きたのか、あまり良く分からなかったけど、時間の経過と共に非常に、非常に厳しいグレートなチャンピオンシップだったことに気付き、僕たちは最終的にタイトルを獲得した。時にはタイトル獲得が不可能のように思われたけど、僕たちは決して屈しなかった。全力を尽くした。最後に僕たちの努力が報われた。」

「あと一歩で、最後の瞬間にチャンピオンシップを逃したとき、獲得できなかったタイトルが自分に相応しいと言い聞かせるけど、これは全てのスポーツで起こること。唯一できることは、最多勝を挙げ、5度のポールポジションを獲得し、バレンティーノは僅か50ラップだったけど、僕は270ラップでレースをリードしたと言うことができる。それに、多くのセッションで1番手に進出した。バレンシアではポールポジションを獲得し、レース中のファーステストラップを記録し、優勝したから、チャンピオンに相応しくないと証明することが難しい。」

「2009年から2015年まで、昨年のランク3位を除いて、常に1位と2位に進出した。もし、精神的に強くなければ、このような結果を獲得することは難しい。この6、7年間をとても誇りに思うけど、それ以上にタイトルを争ったこと、さらに一つ下の世代のマルク、同じ世代のケーシー、一つ上の世代のバレンティーノという3世代のチャンピオンたちと闘ったことを誇りに思う。この3人は、少なくても21世紀において、最も才能があり、速いライダーたちだ。」

Tags:
MotoGP, 2016, Jorge Lorenzo, #LorenzoChamp

Other updates you may be interested in ›