初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

サーキット・オブ・ウェールズ、建設に向けて政府からの承認取得

サーキット・オブ・ウェールズ、建設に向けて政府からの承認取得

将来のイギリスGP開催に向け、サーキット・オブ・ウェールズが建設に必要な承認を取得。

サーキット・オブ・ウェールズは17日、サーキットの建設に向けて、ウェールズ開発庁農業食品部門から最終的な開発計画の承認が得られたことを発表。将来のイギリスGP開催に向け、大きく前進した。

グレートブリテン島の南西に位置するウェールズのブライナイ・グエント州に、国際的なモータースポーツの大会開催を中心にレジャー産業及び観光産業の発展を目的としたサーキット及び商業施設を建設するプロジェクトを立ち上げたサーキット・オブ・ウェールズは、昨年8月13日に、ドルナスポーツとの間で、2015年から5年間の延長開催をオプションに含めた5年契約に合意。

今年3月、ウェールズ開発庁農業食品部門から開発土地に関する土地利用の承認が下り、今回、開発計画の承認が得られたことから、今後は司法審査の後に、プロジェクト支援に向けて必要な資金調達のパッケージを明白にすると共に必要な手続きに従って資金支援者及び建設会社との契約を結ぶことになった。

サーキット・オブ・ウェールズを運営するバレー・デベロップメント社の最高経営責任者マイケル・キャリックは、「プロジェクトを長い時間に渡って支援してくれたウェールズ政府と地元政府に感謝します。ようやく、ここまで来ました。サーキット・オブ・ウェールズは、南ウェールズとブライナイ・グエント州の再開発、何千人に対する雇用、長期期間に渡る魅力的な投資の機会を提供します」と、建設に向けた抱負を語った。

Tags:
MotoGP, 2016

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
合同テスト2日目:王者ザルコが連日の1番時計

2 years ago

合同テスト2日目:王者ザルコが連日の1番時計

motogp.com
ベスト・オブ・シーズン

2 years ago

ベスト・オブ・シーズン