初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

6チームがプライベートテストを実施

6チームがプライベートテストを実施

スズキ、ドゥカティ、プラマック、アビンティア、アスパル、レプソル・ホンダがセパンとヘレスでテストを実施。

最高峰クラスに参戦する6チームは、12月1日からのテスト禁止期間を前に、セパン・インターナショナル・サーキットとヘレス・サーキットでプライベートテストを実施。2016年から施行される技術規則の変更に伴い、ワンメイクタイヤのミシュランタイヤと共通電子制御の順応に向けて、データを収集する。

先陣を切ってテストを実施するのは、チーム・スズキ・エクスター。モトクロストレーニング中に負傷したアレイシ・エスパルガロは欠場となるとが、マーベリック・ビニャーレスが2人のテストライダー、青木宣篤と津田拓也のサポートを受け、来年2月1日から3日間、オフィシャルテストの会場に指名されたセパン・インターナショナル・サーキットで、23日から2日間の走り込みを実施。

毎年11月下旬に、ヘレス・サーキットでプライベートテストを実行するドゥカティ勢は、ドゥカティ・チームとテストチームに加え、今年はオクト・プラマック・レーシング、アビンティア・レーシング、アスパル・チームが合流。スーパーバイクに参戦する複数のチームと共に25日から3日間のテストを実施。

タイトル奪回を目指すレプソル・ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサ、HRCテストライダーの青山博一も合流。天気予報は3日間とも晴れ。最高気温20度が予想されている中で、先日のリカルド・トルモ・サーキットで開催されたオフィシャルテストに続き、2016年型のプロトタイプマシンにミシュランタイヤと共通ソフトウェアを搭載して、冬季期間中の開発に必要な情報を収集する。

Tags:
MotoGP, 2016, #2016StartsNow

Other updates you may be interested in ›

@MahindraRacing

1 year ago

2016 #Moto3 grid will see the debut of the Peugeot MGP3O. Can you choose the two who will ride these beasts?