初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プライベートテスト2日目:ラバティが前腕を骨折

プライベートテスト2日目:ラバティが前腕を骨折

マルケス、ペドロサ、バウティスタ、ブラドル、ペトルッチ、レディング、バルベラ、バス、エルナンデェスがテストを実施。ラバティがフロントからの転倒で左前腕を骨折。

最高峰クラスのプライベートテスト2日目は26日、ヘレス・サーキットで行われ、日中気温が20度まで上昇したドライコンディションの中、6チーム、10人のレギュラーライダーと4人のテストライダーたちが、2016年に施行される技術規定に適応するため、ミシュランタイヤを装着、共通ソフトウェアを搭載して、積極的に周回を重ね、データを収集した。

HRCのテストライダー、青山博一と高橋巧のサポートを受けたレプソル・ホンダのマルク・マルケスとダニ・ペドロサは、エンジンとソフトウェアの比較と調整に専念。

来年2月のオフィシャルテストで、2016年型のプロトタイプマシンを投入する予定のアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、アルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルが、テストライダーに就任したマイク・ディ・メッリオと共に、2015年型のRS-GPを使用して、タイヤテストに集中。主にフロントのフィーリングを高めるために、フロントフォークを調整しながら解決策を模索。

初日に共通ソフトウェアを初めて試したアスパル・チームのヨニー・エルネンデェスは、トラクションコントロールとエンジンブレーキの解決策を試して、ラップタイムを1秒ほど更新すれば、ユージン・ラバティは、7コーナーで転倒を喫した際に左手首に近い左前腕の橈骨(とうこつ)を骨折。

オクト・プラマック・レーシングダニロ・ペトルッチとスコット・レディング、アビンティア・レーシングのエクトル・バルベラとロリス・バスは、2日間のテストを開始。

ドゥカティ・チームのレギュラーライダーたちは、最終日に走行を予定。テストライダーのミケーレ・ピロが、12コーナーで転倒を喫して、メディカルセンターに搬送されたが、1日目に引き続き、2016年型プロトタイプマシンの開発に向けて、テストプログラムを継続した。

Tags:
MotoGP, 2016

Other updates you may be interested in ›