初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プライベートテスト3日目:年内最後のテストが終了

プライベートテスト3日目:年内最後のテストが終了

ドビツィオーソとイアンノーネが最終日に参加。マルケス、ペドロサ、バウティスタ、ブラドル、エルナンデェスが3日間、ペトルッチ、レディング、バルベラ、バスが2日間のテストを終了。

最高峰クラスのプライベートテスト3日目、最終日は27日、来年4月24日に開催される第4戦スペインGPの舞台、ヘレス・サーキットで行われ、ドライコンディションの中、6チームが年内最後のテストに取り組んだ。

テスト3日目となったレプソル・ホンダは、マルク・マルケスが2015年型と2016年型のエンジンを比較。3コーナーと1コーナーで2度の転倒を喫すれば、ダニ・ペドロサは、2度のロングランを実施。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、アルバロ・バウティスタ、ステファン・ブラドル、テストライダーのマイク・ディ・メッリが、2月に投入する2016年型プロトタイプマシンの開発に向け、2015年型RS-GPにミシュランタイヤを装着、共通ソフトウェアを搭載して、データ収集に専念。バウティスタが、午前中に最終コーナーで転倒を喫した際に首を痛めたことから、予定よりも早く走行を切り上げた。

2日目に左前腕を骨折したユージン・ラバティを欠いたアスパル・チームのヨニー・エルネンデェスは、オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチとスコット・レディング、アビンティア・レーシングのエクトル・バルベラとロリス・バスと共にデスモセディチGP14.2を使用し、主に共通ソフトウェアの調整に専念。

ドオゥカティ・チームは、2日間テストを実施したテストライダーのミケーレ・ピロに替わって、アンドレア・ドビツィオーソとアンドレア・イアンノーネが参加。デスモセディチGP15を使用し、ミシュランタイヤに適応するセットアップを追求した。

チャンピオンシップは、12月1日から来年1月31日までテストが禁止。12チーム22人のレギュラーライダーたちは、3月20日の開幕戦カタールGPに向け、1月31日に第17戦マレーシアGPの開催地、セパン・インターナショナル・サーキットに集結し、2月1日から3日間のオフィシャルテストに参加する。

非公式ラップタイム
スコット・レディング: 1分38秒9
マルク・マルケス: 1分39秒17
ダニロ・ペトルッチ: 1分39秒2
アンドレア・イアンノーネ: 1分39秒6
アンドレア・ドビツィオーソ: 1分39秒7
エクトル・バルベラ: 1分39秒9
ダニ・ペドロサ: 1分39秒93
ロリス・バス: 1分40秒2

Tags:
MotoGP, 2016

Other updates you may be interested in ›