初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハ・MotoGP発表会

モビスター・ヤマハ・MotoGP発表会

チーム発表会に出席したロレンソとロッシが、技術規定の変更により、電子制御とミシュランタイヤの順応が課題であることを説明。

ヤマハのファクトリーチーム、モビスター・ヤマハ・MotoGPは18日、スペイン・バルセロナ市内に位置するスペインの大手通信事業者、テレフォニカ・デ・エスパーニャの傘下ブランド、モビスターの本社で発表会を実施。2015年王者のホルヘ・ロレンソ、総合2位のバレンティーノ・ロッシが2016年型YZR‐M1を披露した。

ヤマハ・モーター・レーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、3冠を達成した2015年シーズンの継続を強調。「ガレージに壁を設置する理由はありません。我々のストロングポイントの1つは、全員がチームとして大変良く一緒に働いていることです。ライダーは個人として闘いますが、チームのメカニックとエンジニアは、一緒に大変良く働きます。もし、壁を設けてしまえば、チーム、ライダー、エンジニアにとって欠損となるでしょう。これは昨年も言ったように過去のことで、2人のライダーがお互いに競争すると理解します。」

「ホルヘも言ったように、もし、バレンティーノがチャンピオンシップの最大の競争相手となれば、それは、ヤマハが上位に進出することを意味します。我々の競争相手に競り勝つことが目的です」と、チームとしてライバルメーカーに挑戦することを説明。

タイトル連覇を目指すロレンソは、「最高峰クラスの1年目となった2008年にミシュランを履いたことは幸運だった。その感触をあまり憶えていないけど、ブリヂストンとは走らせ方が違うことを理解する。ブレーキを予想する必要があり、少し早くリリースする。理論的には、僕にとって少し良くなるだろうけど、もっとトラックで練習を積まないと解らない。」

「ヤマハに電子制御、ミシュランにフロントタイヤの改善を要求した。電子制御に関して、昨年に可能な限り近づくように調査を依頼した」と、課題点を説明。

2009年以来のタイトル奪回を目指すロッシは、「ミシュランは、ブリヂストンと比較して、特にセッティングに関して非常に違う。過去に経験したように、ミシュランからブリヂストンに変更したとき、僕たちはバイクのセッティングを大きく調整した。適したバランスに到達するには、多少の時間が必要となり、冬の間に、ミシュランタイヤをどのように使い、フロントタイヤのフィーリングを良くすることが重要になる。」

「昨年、僕たちのバイクはブリヂストンに非常に良く機能し、良いバランスがあったから、他のメーカーと比較して、僕たちのレベルを理解する必要がある。ミシュランとも同じようにするために懸命に働く必要があるだろう」と、オフィシャルテストの課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›