Tickets purchase
VideoPass purchase

ミラーが右脚骨折で手術

ミラーが右脚骨折で手術

モトクロスを利用したトレーニング中に右脚を骨折したことから、手術を受けて無事に成功。

チーム・エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSのジャック・ミラーは17日、過去にモトクロス世界選手権が開催されたスペイン・カタルーニャ州ベルプーチのモトクロストラックでトレーニング中に右脚の脛骨と腓骨を骨折。バルセロナ市内の大学病院で精密検査を受けた後、19日に患部をプレートとボルトで固定する手術を受けた。

チーム代表のミシュル・バルトレミーは、「ジャックはプレシーズンのスタートが近づいているところで負傷しました。不運でしたが、ライダーはトレーニングが必要であり、モトクロスを走らせれば、常に危険を背負います。良い知らせは、最初に心配されたほどの重症ではなかったことで、手術は無事に成功しました。」

「通常であれば、回復時間が長いですが、ライダーは普通の人とは違います。ジャックは1日も早くバイクに乗ることを望んでいることは確かです。重要なことは、回復に集中すること。セパンでの最初のテストを欠場する意味となりますが、体調が大変良くなったときに、再び走ることです」と、説明。

セパン・インターナショナル・サーキットで実施される2月1日からのオフィシャルテストに参加に関しては、医師団と相談して決定する。

Tags:
MotoGP, 2016, Jack Miller, Estrella Galicia 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›