初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、新車のシャイクダウンはアラゴン

アプリリア、新車のシャイクダウンはアラゴン

バウティスタとブラドルがオフィシャルテストでラボラトリーマシンを使用する一方で、ディ・メッリオがアラゴンで2016年型をシェイクダウン。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルは、1日から3日間、セパン・インターナショナル・サーキットで開催される今年最初のオフィシャルテストでラボラトリーマシンを使用。2016年型RS‐GPの開発に向け、データ収集に専念する。

昨年11年振りに予定を1年前倒して最高峰クラスに復帰したアプリリアは、実践での開発作業に集中した後、2016年に施行される技術規定に順応するため、2年間最高峰クラスに参戦したマイク・ディ・メッリオをテストライダーに抜擢し、最終戦後のオフィシャルテスト(バレンシア)、11月25日から3日間のプライベートテスト(ヘレス)、12月21日から2日間のタイヤテスト(ヘレス)に参加。今年に入ってからは、1月17日から2日間のプライベートテスト(バレンシア)で電子制御の調整に集中すると、2月10日から2日間、モーターランド・アラゴンで新車のシェイクダウンを予定。

レギュラライダーのバウティスタとブラドルは、フィリップアイランド・サーキットで開催される3日間のオフィシャルテスト(2月17日~19日)に参加した後、3度目のオフィシャルテスト(3月2日~4日)と開幕戦カタールGP(3月17日~20日)の開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットに移動。21日から3日間、プライベートテストを実施し、新車のテストに取り組む。

Tags:
MotoGP, 2016, Stefan Bradl, Mike Di Meglio, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini

Other updates you may be interested in ›