Tickets purchase
VideoPass purchase

ストーナーがデスモセディチGPを初走行

ストーナーがデスモセディチGPを初走行

ドゥカティ、ヤマハ、HRCが1日からのオフィシャルテストに先駆けて、2日間のプライベートテストを開始。

ドゥカティ、ヤマハ、HRCは30日、セパン・インターナショナル・サーキットで2日間のプライベートテストを開始。テストライダーたちが1日からのオフィシャルテストを視野に入れ、好天候に恵まれた中、テストプログラムに着手した。

ドゥカティのテストライダーに就任した元王者ケーシー・ストーナーは、27日から走行を始めているミケーレ・ピロのサポートを得て、デスモセディチGP15に乗り込み、54ラップを周回すると、最後のコースインで、2分02秒1を記録。

「今日はドゥカティ・チームと共に本当に良い体験となった。正直、何が待っているのか分からなかったけど、全員が素晴らしかった。僕を迎え入れ、このバイクと僕のために全力で働いてくれた。MotoGPバイクは1年振り、バイク自体が約半年振りの走行だったから、スピードとフィーリングを取り戻すには、ある程度の時間が必要だけど、とても生産的な1日目となり、期待通りに、直ぐにバイクとタイヤの快適さを得た。」

「テスト項目が沢山あり、もう少しバイクに慣れなければいけないけど、全体的にはすごく嬉しい。デスモセディチは大きなパワーがあり、今年グレートな結果が獲得できるように、2人のアンドレアを助けるため、正しい入力を与えたい。ラップタイムには正直驚き、嬉しかった。明日も続けて良くしたい。全てが良かった」と、テスト1日目の感想を語った。

Tags:
MotoGP, 2016, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, Michele Pirro, Casey Stoner, Ducati Team

Other updates you may be interested in ›