初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM&WPがMoto2™プロジェクトに着手

KTM&WPがMoto2™プロジェクトに着手

MotoGPプロジェクトを進めるKTMが、グループ傘下のWPと共にプロトタイプマシンを開発。

クロス・インダストリー・AGのグループ傘下にあるサスペンションメーカーのWP・サスペンション・システムは31日、同じグループ企業のKTMと共に、中量級参戦を目指し、Moto2™マシンの開発に着手することを発表。先日、スペイン南部のアルメリア・サーキットで、シェイクダウンを実行した。

クロス・インダストリー・AGのCEO最高経営責任者ステファン・ピエラは、「Moto2™プロジェクトは、我々にとって大変大きな意味があります。レース活動における投資は、成長し増加していますが、グランプリにおいて、我々の活動は頂点に達する位置にいます。ヤングライダーは、レッドブル・ルーキーズ・カップで最初の経験を積むことができ、その後、我々のMoto3™チームで走り続け、今、MotoGP™クラスの進出に向け、Moto2™のプロジェクトを開始します。」

「これはプロフェショナルなレース活動において、KTMとWPの成功がもたらしたコンセプトであり、将来において、KTMアカデミーを通じて、我々のライダーがMotoGPプロジェクトに入って行けることを期待します」と、計画を説明した。

Tags:
Moto2, 2016

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ストーナーがデスモセディチGPを初走行

1 year ago

ストーナーがデスモセディチGPを初走行