初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレス、2日間連続の11番手

ビニャーレス、2日間連続の11番手

電子制御を中心に1日目に新しいスペックのエンジン、2日目に新しいシャーシをテスト。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、オフィシャルテスト1日目に電子制御を中心に、新しいスペックのエンジンを試すテストプログラムを進めて11番手に進出した後、2日目は、13度のコースインで最多の59ラップを周回すると、2分02秒台を10回、2分01秒台を7回記録し、トップタイムから1.326秒差の11番手を維持した。

「ポジティブな1日となった。新しい電子制御を試し、新しいシャーシも試す機会があった。リアの信頼感がまだ不足しているけど、ポジティブな仕事をした。リアタイヤのスピニングが多い感じがあるから、この問題を理解する必要がある。僕たちはグリップがあるトラックで高い戦闘力があるけど、オースティンやアルゼンチンのようなグリップが低いトラックでは、このトラクションの問題に苦しむ。」

「新しいエンジンに非常に良い感触がある。パワーが高まったけど、デリバリーはスムーズで扱いやすい。電子制御が大きく改良されたけど、多くのオプションをもたらしてくれるから、まだ検証する必要がある。どのように管理すべきか理解が必要。」

「ソフトタイヤが使用できなかったから、もしかしたら、ハードタイヤのセットアップと信頼性を高めるために、より集中したかもしれない。一貫性のある情報のデータベースを作成している」と、2日目のテスト内容を説明した。

オフィシャルテスト1日目: 2分02秒645 (40ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒421 (59ラップ)

サーキットベストラップ: 1分59秒053 (2015年-ダニ・ペドロサ)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年-ホルヘ・ロレンソ)

オフィシャルテスト‐リザルト

Tags:
MotoGP, 2016, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, DAY2, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #SepangTest

Other updates you may be interested in ›

Avintia Racing
バルベラ、躍進の3番手

1 year ago

バルベラ、躍進の3番手