初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペトルッチ、2日間連続のドゥカティ最高位

ペトルッチ、2日間連続のドゥカティ最高位

午前にソフトコンパウンドで最速時計、午後にハードコンパウンドで2分02秒台のリズム。

オクト・プラマック・ヤクニックのダニロ・ペトルッチは、オフィシャルテスト1日目に4番手、ドゥカティ勢の1番手に進出した後、2日目は8度のコースインで46ラップを周回すると、2分02秒台を最多の20回、2分00秒台を2回記録。9ラップ目に2分00秒095の1番時計を刻み、バレンシアで開催された2014年11月11日のオフィシャルテスト2日目(レインコンディション)以来2度目、ドライコンディションでは初めて1番手に飛び出した。

「この結果が嬉しい。僕たちは速く、ロリス・バスのアクシデントを考慮して、待機時間が長かった。最速ラップを記録したことはナイスだけど、当然、全てを代表されている訳ではない。1番手で終われ、チームの輝かしい仕事を含めて大きな満足感を与えてくれる。」

「午後は期待通りに速く走ることができなかった。これは重要な目標であり、明日は達成できるようにトライしよう。バイクとタイヤの信頼感は高まっている。電子制御も良くなっているけど、トップライダーたちからまだ遠い。彼らに接近しよう」と、3日目、最終日も目標を説明した。

オフィシャルテスト1日目: 2分01秒811 (43ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 2分00秒095 (46ラップ)

サーキットベストラップ: 1分59秒053 (2015年-ダニ・ペドロサ)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年-ホルヘ・ロレンソ)

オフィシャルテスト‐リザルト

Tags:
MotoGP, 2016, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, Danilo Petrucci, OCTO Pramac Yakhnich, #SepangTest

Other updates you may be interested in ›

Avintia Racing
バルベラ、躍進の3番手

1 year ago

バルベラ、躍進の3番手