初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、6番手後退も手応えのペースアップ

ロッシ、6番手後退も手応えのペースアップ

2番手から6番手に後退したが、全体的なペースが良くなり、方向性を決めるデータを収集。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、オフィシャルテスト1日目に2番手に進出した後、2日目は、13度のコースンで54ラップを周回すると、2分02秒台を最多の12回、2分01秒台を最多の12回記録し、トップタイムから0.926秒差の6番手に後退した。

「とても嬉しい。グッドな1日となった。最初はやるべき仕事が沢山あったから厳しかったけど、バイクのセッティングが大きく良くなったから、とても満足。ペースとベストラップは大きく良くなったから、この理由でグッドな1日となった。」

「新たな重要なデータを多く所有するから、進むべき方向性を決めることに役立つだろう。やるべきことが沢山あることは確かだ。午後に幾つかのタイヤを試した。良いもの悪いものがあるけど、ミシュランは良い仕事をした。」

「現時点で、バイクは2015年型に似ている。明日はもしかしたら、フィリップアイランドのような他のトラックに向けて他のバイクを試すかもしれない」と、順位以上の収穫があったことを説明した。

オフィシャルテスト1日目: 2分01秒717 (37ラップ)
オフィシャルテスト2日目: 2分01秒021 (54ラップ)

サーキットベストラップ: 1分59秒053 (2015年-ダニ・ペドロサ)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年-ホルヘ・ロレンソ)

オフィシャルテスト‐リザルト

Tags:
MotoGP, 2016, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, DAY2, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #SepangTest

Other updates you may be interested in ›

Avintia Racing
バルベラ、躍進の3番手

12 months ago

バルベラ、躍進の3番手