Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリア、ラボラトリーマシンでデータ収集

アプリリア、ラボラトリーマシンでデータ収集

新車のシェイクダウンを直前に控えた中で、バウティスタとブラドルが13レースに相当する距離を周回。

アプリリアのファクトリーチーム、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは、セパン・インターナショナル・サーキットで実施された今年最初のオフィシャルテストで、2016年型RS-GPの開発に向け、ラボラトリーマシンを使用。アルバロ・バウティスタは、3日間で132ラップを周回すれば、ステファン・ブラドルは128ラップを周回した。

レーシングマネージャーのロマーノ・アリベシアーノは、「セパンでは、タイプのフロント、新しい電子制御、新しいミシュランタイヤの仕事に取り組み、タイヤのパフォーマンス、特にフロントタイヤの進歩に大変満足です。グッドなフィーリングを与え、自信を持ってプッシュすることが許されます。電子制御に関しては、その反対で、満足できるベースレベルに到達する目的において、まだやるべき仕事が多いです。全てのパラメーターのセッティングをするために時間が必要です。」

「全体的に幾つかの前進を果たしました。これから2016年型バイクをトラックで試すという最も困難なチャレンジに取り組みます」と、今年最初のテストを評価。

テストライダーのマイク・ディ・メッリオは、今週10日から2日間、モーターランド・アラゴンで新車のシェイクダウンを実施。

レギュラーライダーのバウティスタとブラドルは、来週17日からのオフィシャルテストをキャンセル。24日から3日間、3度目のオフィシャルテストの舞台であり、開幕戦カタールGPの開催地となるロサイル・インターナショナル・サーキットでプライベートテストを予定する。

アルバロ・バウティスタ
オフィシャルテスト1日目: 2分04秒075 (34ラップ/21番手)
オフィシャルテスト2日目: 2分02秒876 (52ラップ/21番手)
オフィシャルテスト3日目: 2分03秒183 (46ラップ/21番手)

ステファン・ブラドル
オフィシャルテスト1日目: 2分03秒978 (39ラップ/20番手)
オフィシャルテスト2日目: 2分02秒372 (45ラップ/18番手)
オフィシャルテスト3日目: 2分02秒792 (44ラップ/18番手)

サーキットベストラップ: 1分59秒053 (2015年-ダニ・ペドロサ)
サーキットレコードラップ: 2分00秒606 (2015年-ホルヘ・ロレンソ)

オフィシャルテスト‐リザルト

Tags:
MotoGP, 2016, SEPANG MOTOGP™ OFFICIAL TEST, Alvaro Bautista, Stefan Bradl, Aprilia Racing Team Gresini, #SepangTest

Other updates you may be interested in ›

Team SUZUKI ECSTAR
2016 SEPANG MotoGP TESTING

10 months ago

2016 SEPANG MotoGP TESTING

MVDSRacingTeam
Meet Alex Marquez's team

10 months ago

Meet Alex Marquez's team