初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレス、2度目の2番手進出

ビニャーレス、2度目の2番手進出

昨年自己最高位を獲得したフィリップアイランドで、成長した走りを披露。

チーム・エスズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、昨年4番グリッドから5位に進出したオーストラリアGPの開催地、フィリップアイランド・サーキットで始まった今年2度目のオフィシャルテスト1日目に、ミシュランタイヤを初めて試した昨年11月のオフィシャルテスト2日目以来2度目の自己最高位タイの2番手に進出。成長の走りを見せた。

ウェットコンディションの中で2度、ハーフウェットのコンディションの中で2度、合計4度のコースインで20ラップを周回し、0.719秒差の2番手に進出した後、「今日のコンディションは難しかったけど、数ラップを走って、ポジティブな結果だった。(ウェットコンディションとなった午前中は)特別なことを評価しなかった。シンプルに電子制御の調整を確認したかっただけ。昨年よりも自信がある。昨年は成長に大きく役立った。今はエンジニアたちに指示を与え、変更を頼む準備ができている。」

「新しい電子制御は全ライダーたちに対して、重圧となっている。上手く機能させるために、学習することが沢山あるけど、熱意をリニューアルしてくれる。冬の間は身体作りに挑戦し、今はバイクに集中しているところ。セパンでは、幾つかポジティブな進歩があり、ポジティブなフィーリングを与えてくれたけど、開発を続け、上位陣に接近していることが本当に興味深い」と、発言した。

Tags:
MotoGP, 2016, PHILLIP ISLAND MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T1, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #AusTest

Other updates you may be interested in ›