初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、2015年型に近いモデルを選択

ロッシ、2015年型に近いモデルを選択

前回から継続している仕様違うM1の比較テストを進め、3度目のテストを前に方向性を決定。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、オフィシャルテスト最終日に今年最初のオフィシャルテストが続けている仕様違いの2台、2015年型に近いモデルと2016年型の比較テストを繰り返し、トップタイムから0.277秒差の5番時計を記録。3日間総合で0.273秒差の6番手に進出した。

2日目に6番手から4番手に浮上した後、3日目は8度のコースインで56ラップを周回すると、1分30秒台を13回、1分29秒台を10回記録。

「不運にも今日のコンディションは最高ではなかった。最終的に1日だけ、木曜しか良い日がなかったけど、1日も良い日がないよりかは良い。今日は仕事を継続。特に仕様が違う2台の比較に取り組み、昨年型に近いモデルを使用することになるだろう。」

「ポジティブなテストとなった。特に2日目は良かったけど、3日目も悪くない。バイクとタイヤの良い感じがあり、僕のペースは悪くないから、とても満足だ」と、ミシュランのキャラクターにより適応するモデルを選んだことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, PHILLIP ISLAND MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #AusTest

Other updates you may be interested in ›