初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エスパルガロ兄、GSX-RRの進化を強調

エスパルガロ兄、GSX-RRの進化を強調

無理して2度の転倒を喫し、17番手に後退したが、バイクが改良されたことを実感。

チーム・スズキ・エクスターのアレイシ・エスパルガロは、昨年8番グリッドから9位に進出したフィリップアイランドに戻って来ると、オフィシャルテスト1日目はインターミディエイトタイヤを装着して僅か2ラップ。2日目はフィーリングの向上を目的に、特に効果的なコーナーの進入を追求。新たに投入されたタイヤとシームレスギアボックスにより、安定性が増したことを確認。

3日目は、2度の転倒を喫したが、9度のコースインで38ラップを周回すると、1分30秒台を9回。決勝レース時のベストラップ(1分30秒078)に接近する1分30秒198を刻み、トップタイムから1.040秒差の17番手。3日間総合では、チームメイトから1.067秒差の17番手だった。

「転んでしまったけど、僕は大丈夫。思うように進歩できなかったけど、改善に関する感触はポジティブ。バイク、ジオメトリー、電子制御など異なることを沢山試したけど、不運にもフィーリングはそれほど変わらなかった。このトラックは、他とは違う。本当に速く、自信を得られることに苦労する。」

「例えば、2週間前のマレーシアと比べれば、かなり悪い。自分が出来る中で懸命にプッシュしたけど、それが理由で2度に転んでしまった。正直、今回のテストのことを忘れて、次回のカタールのことを考えたい。」

「タイムシートから、このようなことを言うのは可笑しいけど、正直、バイクが改良されたと本当に実感する。エンジンは昨年から大きく良くなり、シームレスなど全てのパフォーマンスが良くなっている。スズキが冬の間に素晴らしい仕事をしてくれ、僕たちに投入してくれたバイクは、本当の進歩を遂げている。」

「僕はその全てを一緒し、戦闘力を取り戻す必要がある」と、17番手に低迷した原因は、自分にあることを強調した。

Tags:
MotoGP, 2016, PHILLIP ISLAND MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Aleix Espargaro, Team SUZUKI ECSTAR, #AusTest

Other updates you may be interested in ›

Repsol Honda Team
ペドロサ、電子制御で進歩

11 months ago

ペドロサ、電子制御で進歩