初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ド・プニエ、KTMのプロジェクトに合流

ド・プニエ、KTMのプロジェクトに合流

スズキの開発に携わったフランス人ライダーが、3人目のテストライダーとしてKTMに加入。

2017年からの最高峰クラス参戦を目指すオーストリアのメーカー、KTMは、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットで3日間のプライベートテストを実施。テストライダーに起用されたランディ・ド・プニエが当サイトのインタビューに応え、初テストを振り返った。

KTMのプロジェクトに合流した経緯は?
僕たちは昨年の6月に話し合いを持ったけど、議論は沈静化していた。11月に最終戦のバレンシアでマイク・ライトナー(プロジェクトのコンサルタント)に出会った際に来年のことを訊かれたけど、僕はその時点で多くの計画がなく、ミカ・カリオと契約を結んだと聞いていたから、テストライダーはもう必要ないと考えていたから、2人目を探していたことは驚きだった。僕のマネージャーがマイクに連絡を取り、今年のテストに参加することに合意した。

先週の土曜に初めてテストに参加。悪天候で走行開始が遅れてしまったけど、ライディングポジションの調整を進めた。フットレスト、高いシート、ハンドルの位置など本当に悪い感じで、数ラップを走っただけだったけど、2週間後にバレンシアで実施するテストに向けて準備を整えたことは重要。正しく仕事を始められる3日間は、持てないようだ。

多くのメーカーがツインスペアフレームを採用する中で、KTMはチューブスチールフレームを選択。初走行で違いを感じられたかい?
正直、ラップタイムはまだ離れているから、感想を語るのは時期尚早だ。一度ラップタイムが接近したら、意見を語ろう。ドゥカティは数年前にこのスタイルのフレームで優勝した。確かに少しエキゾチックなチョイスのようだけど、これが彼らのトレードマーク。テストの進歩を見てみよう。

複数のライダーたちは、新しい電子制御はフィジカル面に負担がかかると発言するけど、どう考える?
スズキでテストを開始した当時、開発の初段階で電子制御に焦点が当たることはなかった。これは通常なこと。最初にベースを見つけ、そこからアンチウイリーなど幾つかのコントロールを加えて行く。ライダーとしては少し難しい仕事。今年は電子制御が重要な役割を果たすことになるだろう。ショーとしては良い。もしかしたら、ミシュランタイヤは大きなグリップがあるけど、スライディングが観られるかもしれない。考慮すべき多くのパロメーターがあるけど、KTMは良い時期に参戦する。ゼロからの出発ではないけど、過去の成功をしがみつかずに大きな進歩を果たす必要がある。

2度実施されたオフィシャルテストの感想は?
非常にタイトで大きなサプライズだった。ロレンソがセパンで1秒差の1番手。ビニャーレスがフィリップアイランドでベストラップ。これは、驚き半分と言ったところ。彼は昨年のオーストラリアGPですごく良かったし、シーズンを通じて成長した。エンジンが改良され、シームレスギアボックスが投入されたと聞いたから、驚きは半分だけど、カタールをはじめ、1年を通じてサプライズをもたらすかもしれない。新たな電子制御とミシュランの投入は、スズキを助けてくれることは確かだ。

バスとバルベラがオフィシャル勢の前に進出した。もしかしたら、ドゥカティの新車はミシュランに上手く適応しないかもしれない。とにかく、シーズンの序盤はサプライズがあるかもしれない。ヤマハとホンダは、まだ少し模索しているところだけど、アドバンテージを維持するだろう。

計画しているテストの回数は?
計画は難しい。変更の可能性がある。2週間後のバレンシア、4月下旬にはブルノに行く。他の場所にも行く予定だけど、正しい方向性、もしくは正しくない方向性によって、テスト計画を変更することになるから、テスト回数を設定することはできない。KTMのスケジュールは柔軟で、僕はバイクを進歩させるために全力を尽くす。このチームに良い感じがあり、過去に一緒に働いた人たちも多い。チーム内で良い雰囲気があることは重要だ。

ワイルドカードの可能性は?
バレンシアのワイルドカードが議論となったけど、ライダーの話題はなかった。それ以上のことは分からないけど、全てが可能。僕たちは始まったばかりで、もし僕が良い仕事をすれば、ワイルドカードに相応しい。今はあまり考えずに全力を尽くそう。どうなるか楽しみだけど、シーズンのラストレースに参加できれば、それはナイスだ。

Tags:
MotoGP, 2016, Randy de Puniet

Other updates you may be interested in ›

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Jack Miller back in action at Phillip Island

1 year ago

Jack Miller back in action at Phillip Island