初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アプリリアが2016年型RS‐GP16をテスト

アプリリアが2016年型RS‐GP16をテスト

バウティスタとブラドルが開幕戦の舞台で3日間のプライベートテストを実行し、新車を初試乗。

アプリリアのファクトリーチーム、アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニは23日、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで3日間のプライベートテストを終了。アルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルが、2016年型のプロトタイプマシン、RS‐GP16を初めて走らせた。

今回のテストを実施するため、フィリップアイランド・サーキットで開催された今年2度目のオフィシャルテストをキャンセルした2人のレギュラーライダーは、テストライダーのマイク・ディ・メッリオが今月10日にモーターランド・アラゴンでシェイクダウンさせた新車をドライコンディションの中で走らせ、第一印象をエンジニアたちに提供。

1年間開発に専従してきたバウティスタは、「この3日間で新車を発見。今回は現実的な最初にテストとなり、ショートセッションで沢山の仕事を進めた。当然、僕たちは100%ではないけど、ベースはすごく良い。現時点のレベルは、まだ始まったばかりだけど、昨年末と同等だと思う。」

「昨型は限界があったけど、新型は改善の余地が大きい。また沢山の仕事があるけど、アプリリアの仕事に満足。次回のテストでは、新シーズンに向けて、基礎を築けることを期待する」と、新車のポテンシャルを称賛。

昨季後半戦からプロジェクトに合流したブラドルは、「今回のテストは非常に重要だった。新車の最初の走行となり、第一印象は良かった。旧型と比較して、明白な違いを確認。正しい方向に進んでいる。満足だと言うことができる前に進むべき道のりは長いけど、好印象を得た。これは期待していたこと。要求が厳しい全く新しいプロジェクトだけど、僕たちは正しく始められたと言うことができる」と、会心の出発となったことを強調した。

Tags:
MotoGP, 2016, Alvaro Bautista, Stefan Bradl, Aprilia Racing Team Gresini

Other updates you may be interested in ›

Ducati Team
ドゥカティがデスモセディチGP16を発表

1 year ago

ドゥカティがデスモセディチGP16を発表

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
Jack Miller back in action at Phillip Island

1 year ago

Jack Miller back in action at Phillip Island