初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中量級&軽量級の合同テスト2日目

中量級&軽量級の合同テスト2日目

2日間総合でスピードアップのコルシとホンダのナバーロが総合1番手に進出。

中量級の7チーム12名、軽量級10チーム21名は24日、第4戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキットでプライベートテスト2日目、最終日が行われ、中量級はシモーネ・コルシ、軽量級はエネア・バスティアニーニがトップタイムをマークした。

1日目に続き、中量級と軽量級は、ドライコンディションの中、10時00分から17時55分まで、それぞて55分間のセッションを4度実施。中量級は、1日目1番手のロレンソ・バルダッサーリが1度目と2度目のセッションで連続1番手に進出すれば、1日目5番手のコルシが3度目、1日目2番手のマンセル・シュレッターが4度目に1番手。

2日間の総合では、2日目の順位により、コルシが総合1番手。最多139ラップを周回したバルダッサーリが総合2番手に入り、ポンス、シュレッター、パシーニが続いた。

軽量級は、1日目5番手のフランセスコ・バグナイアが1度目と2度目のセッションで連続1番手に浮上すれば、1日目4番手の尾野弘樹が3度目、1日目2番手のバスティアニーニが4度目に1番手。

2日間の総合では、1日目1番手のナバーロが総合1番手、2日目1番手のバスティアニーニが総合2番手。以下、尾野、ダニーロ、マルティンの順。

中量級と軽量級は、3月2日から3日間、当地で今年最初のオフィシャルテストを実施する。

中量級非公式ラップタイム‐2日目
1. シモーネ・コルシ(スピードアップ): 1分42秒361(43ラップ)
2. ロレンソ・バルダッサーリ(カレックス): 1分42秒620(72ラップ)
3. アクセル・ポンス(カレックス): 1分42秒638(69ラップ)
4. マンセル・シュレッター(カレックス): 1分42秒912(57ラップ)
5. マッティア・パシーニ(カレックス): 1分43秒077(68ラップ)
6. ルカ・マリーニ(カレックス): 1分44秒257(69ラップ)
チャビエル・シメオン(スピードアップ): 記録なし
アレッサンドロ・トヌッチ(カレックス): 記録なし
トーマス・ルティ(カレックス): 記録なし
ドミニケ・エガーター(カレックス): 記録なし
ロビン・ミュールハウサー(カレックス): 記録なし
フリアン・シモン(スピードアップ): 記録なし

サーキットベストラップ: 1分42秒706 (2011年-ステファン・ブラドル)
サーキットファーステストラップ: 1分42秒876 (2014年-ジョナス・フォルガー)

軽量級非公式ラップタイム‐2日目
1. エナア・バスティアニーニ(ホンダ): 1分47秒632(41ラップ)
2. 尾野弘樹(ホンダ): 1分47秒672(56ラップ)
3. ジュール・ダニーロ(ホンダ): 1分47秒786(56ラップ)
4. ホルヘ・ナバーロ(ホンダ): 1分47秒821(33ラップ)
5. フランセスコ・バグナイア(マヒンドラ): 1分48秒162(55ラップ)
6. ファビオ・ディ・ジャンアントニア(ホンダ): 1分48秒187(38ラップ)
7. ホルヘ・マルティン(マヒンドラ): 1分48秒481(19ラップ)
8. ジョン・マックフィー(プジョー): 1分48秒518(44ラップ)
9. カイラル・イダム・パウィ(ホンダ): 1分48秒853(58ラップ)
10. フアンフラン・グエバラ(KTM): 1分48秒998(61ラップ)
11. アレックス・マスボー(プジョー): 1分49秒027(51ラップ)
ガブリエル・ロドリゴ(KTM): 記録なし
ニッコロ・アントネッリ(ホンダ): 記録なし
ロマーノ・フェナティ(KTM): 記録なし
ニコロ・ブレガ(KTM): 記録なし
アンドレア・ミニョ(KTM): 記録なし
ファビオ・クアルタラロ(KTM): 記録なし
ジョアン・ミル(KTM): 記録なし
アンドレア・ロカッテリ(KTM): 記録なし
鈴木竜生(マヒンドラ):記録なし
ファビオ・スピナレッリ(マヒンドラ):記録なし

サーキットベストラップ: 1分46秒173 (2014年-ジャック・ミラー)
サーキットファーステストラップ: 1分46秒723 (2015年-ブラッド・ビンダー)

Tags:
Moto2, 2016

Other updates you may be interested in ›