初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

グレシーニ・レーシングがチーム発表会

グレシーニ・レーシングがチーム発表会

3年目のバスティアニーニが20年目の名門チームと共にタイトル獲得に挑戦。

グレシーニ・レーシングは26日、イタリアのボローニャとリミニの中間に位置するファエンツァに新たに設置されたグレシーニ・レーシングのレーシング部署で参戦20年目となるチームの発表会を実施。昨年総合3位に進出したエネア・バスティアニーニと昨年のレッドブル・ルーキーズ・カップで総合2位を獲得したファビオ・ディ・ジャンアントニオが、2016年型のホンダNSF250FWで登場した。

2014年にデビューした当チームから3年目を迎えるバスティアニーニは、「本当にナイスな発表会だった。楽しくて、バイクの新しいカラーリングはカッコいい。今シーズンに自信がある。ここまでのテストは、バイクを理解するのに役立った。ライバルたちは非常に戦闘力があるけど、、ホンダは本当に懸命に働いている。データとなるベースを提供してくれるから、カタールで正しくシーズンを始められるように準備が整うはずだ。待ち切れない」と、タイトル争いに挑戦することを強調。

昨年11月の最終戦バレンシアGPに当チームから負傷代役としてデビューしたディ・ジャンアントニオは、「カラーリングはアメージングだ。フェアリングに貼られた僕のレーシングナンバーは、すごくカッコいい!次のテストが待ち切れない。ここまでにバレンシアとヘレスでテストを実施して、グッドなリザルトだった。当然、トップタイムから離されているけど、それは通常なこと。まだ始まったばかり。ペースを掴み、沢山仕事をする必要がある。ライダーの目標は優勝だけど、ワールドチャンピオンシップは非常に難しく、激戦だから、しっかりと地に足をつけて挑戦しよう。僕の目標は、絶えず成長して、常にできることを全力で尽くすことだ」と、1年目の抱負を語った。

Tags:
Moto3, 2016, Fabio Di Giannantonio, Enea Bastianini, Sports-Millions-EMWE-SAG

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›

Luis Salom 39
Luis Salom – Les't start a new season

2 years ago

Luis Salom – Les't start a new season