初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハ、VR46・ライダーズ・アカデミーとコラボ結成

ヤマハ、VR46・ライダーズ・アカデミーとコラボ結成

ヤングライダーの育成を目的に、ヤマハがロッシ主宰の育成アカデミーを強力支援。

ヤマハ発動機は1日、バレンティーノ・ロッシがイタリア国内のヤングライダーを育成するため、2014年に発足し、地元タヴッリアに建設したモーターランチを中心に活動する「VR46・ライダーズ・アカデミー」との間で、3年間のオフィシャルパートナー及びモーターサイクルのオフィシャルサプライヤーとして合意したことを発表。「VR46・ライダーズ・アカデミー」の活動を支援しながら、若手ライダーの育成・教育システムの一環として導入することになった。

今回の合意により、同アカデミーに市販車のYZF‐Rシリーズ、YZシリーズを合計26台提供。さらに、アジアロードレース選手権のアジア・プロダクション250及びその他の選手権に参戦する若手ライダーたちを選抜し、2016年は全2回、各1週間のトレーニングプログラムを予定し、モーターランチやミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリでのトレーニングを実施する。

同アカデミー主宰のロッシは、「ヤマハとVR46との協力関係が成立したことを歓迎すると共に誇りに感じる。このアカデミーは、才能あるヤングライダーたちを育成するために様々なことに取り組んでいる。パフォーマンスの向上を可能な限り短期間で達成するために、ヤマハはこれ以上にない最適なパートナーだと確認する。」

「今回の合意により、僕が愛するもの、ヤマハとVR46・ライダーズ・アカデミーが関わり合いを持つことが個人的に嬉しい。このパートナーシップが大変素晴らしい結果を生み出すことを期待しながら、才能あるヤングライダーたちをサポートし、彼らと共に大きな事後とを成し遂げたい。」

「アカデミーでは多くの活動を企画し、ヤマハがそのなかから多くの部分で先導役になってくれることに感謝。年内にトレーニングに参加するライダーたちと会えることが楽しみ。彼らはきっと楽しんでくれるはずだ。その中から新しいタレントが発掘されるだろう」と、ヤマハとのコラボを喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2016, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›

Alex Rins
Alex Rins on his preseason training

1 year ago

Alex Rins on his preseason training

jonasfo94

1 year ago

maverickvinales25

1 year ago