初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、レースモードで好発進

ロッシ、レースモードで好発進

開始早々の転倒も3番手で1日目を締め括り、選択したバイクの戦闘力に手応え。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、昨年8番グリッドから開幕戦優勝を挙げたロサイル・インターナショナル・サーキットに戻って来て、プレシーズン最後となるオフィシャルテストをスタートさせると、1日目はトップタイムから0.442秒差の3番手に進出。

フィリップアイランドで開催された前回のオフィシャルテストで総合6番手だった後、1日目は走行開始早々の10コーナーで転倒を喫したが、7度のコースインで34ラップを周回すると、1分56秒台を6回、1分55秒台を1回記録。

「10コーナーで転んでしまったから、悪い始まり方だった。それほど速く走っていなかったけど、もしかしたら、切り込み過ぎて、リアが滑ってしまったかもしれないけど、時速70キロメートルのスモールスライドだったことは幸運だった。大きな問題ではなかったけど、最高のスタートではなかった。」

「バイクを乗り換え、ここカタールで僕たちのバイクは戦闘力があるように見える。すごく嬉しい。僕たちは強く速い。これが最も重要だ。」

「グッドなベースセットアップから始めたから、沢山の仕事をしなかった。最初から良い感じがあり、速く走れ、安定してラップタイムを伸ばすことができ、3番手で終えたから、グッドな1日となった。今日のホルヘ(・ロレンソ)は非常に速かった。彼とマーベリック・ビニャーレス、そして僕の3人がストロングだ。フィリップアイランドでは、マルケスが速かったけど、今日は少し遅かった。上位に進出し、1分55秒台で走れたことが嬉しい。昨年と比較すると少しだけ遅いから、グッドなリザルトだ。」

「2度のテストの後、バイクを選択した。昨年型に近い。今、ガレージにはレースバイクが2台あるから、僕たちは既にレースモードだ」と、上々のスタートを切ったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T1, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›