初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、課題はコーナー出口

マルケス、課題はコーナー出口

1日目に課題に挙げたコーリングとコーナー出口の改善に専念。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、オフィシャルテスト2日目に7度のコーインで42ラップを周回すると、1分56秒台を13回記録。1日目の10番手から0.610秒差の9番手に順位を1つ上げた。

「昨日から今日にかけて前進した。コーナリングのフィーリングが良くなった。バイクが少し曲がるようになったことで、ラップタイムが伸びたけど、コーナー出口での問題が続く。ペースは良いけど、リアグリップを見つけることに苦労している。」

「新品タイヤと中古タイヤで、ラップタイムが同じ。活かし切れていない。この分野の仕事をしないと。最後のコースインでウイングを試した。僅か4ラップだけだったから、良く分析する必要がある。明日はもう一歩前進できるようにトライしよう」と、2日目を振り返り、3日目の前進を期待した。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T2, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›