初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「ストロングなペースだ」

ロッシ:「ストロングなペースだ」

2度目の転倒もセッティングが良くなり、戦闘的に走れたことを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、オフィシャルテスト3日目に、5ラップ目走行中の10コーナーで転倒、1日目に続き同じコーナーで2度目の転倒を喫したが、8度のコースインで55ラップを周回すると、1分56秒台を22回、1分55秒台を4回記録し、2日目の8番手から0.619秒差の5番手に浮上。

8度目最後のコースインでは、連続16ラップのロングランを実行し、1分56秒台を9回、1分55秒台を1回記録。「ラスト1時間半でセッティングが良くなり、ストロングなペースで走れ、グッドなタイムアタックをした。ラップタイムはそれほど悪くない。レースシミュレーションを実行してストロングだったことが重要。」

「最終的に僕はすごく嬉しい。同じコーナーで転んでしまったことは不運だったけど、小さな転倒で、予定していた全てのテストプログラムにトライすることができた。」

「すごくタフなシーズンになるだろう。最初のテストから、他のバイクは大きく良くなったけど、僕たちもそのレベルにある。多くのライダーたちが最初のグランプリで速いと思うけど、僕たちは戦闘力がある。問題はトラックコンディション。日に日に良くなり、フロントタイヤのストレスが高まっていること。レースのラスト5ラップは困難になるだろう。バイクは走らせるには良いから、グッドなペースを維持できる」と、最終日を振り返り、開幕戦の展開を予想した。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›