初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「戦闘的になる準備ができた」

ロレンソ:「戦闘的になる準備ができた」

最速時計を記録した後、本番を想定した連続22ラップのレースシミュレーションを実行。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、オフィシャルテスト3日目に、6度のコースインで51ラップを周回すると、1分56秒台を最多の25回、1分55秒台を9回、1分54秒台を1回記録。参加者の中で唯一1分55秒台を突破する1番時計を刻み、今年最初のオフィシャルテストに続き、2度目の総合1番手に進出。

2日目に3番手だった後、3日目は予定通りに連続22ラップのレースシミュレーションを実行すると、1分56秒台を16回、1分55秒台を4回記録。「ラップタイムが大きく良くなり、レースシミュレーションを完了したから、すごくポジティブな1日だった。」

「フロントタイヤがベストではなかったけど、何度か1分55秒台に乗せたことはすごく良かった。ソフトタイヤは、すごく速く走ることができるけど、砂目立ってしまう。このタイヤは、もしかしたら、レースウィークエンドで使用しないだろう。ミシュランはタイヤアロケーションを変更することを計画している。シミュレーションで使用したような、もう少し硬く、それほど硬くないタイヤになるだろう。」

「フロントが中間のタイヤなら、もっと速く走ることができただろう。ファーステストラップとシミュレーションが嬉しい。レースに向けて戦闘的になる準備ができた」と、2週間後の開幕戦に向けて準備が整ったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›