初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プジョー・モーターサイクル・サクソンプリントがチーム発表会

プジョー・モーターサイクル・サクソンプリントがチーム発表会

コンストラクターとして初参戦するプジョーが、レーシング・チーム・ジャーマニーとコラボを結成。

レーシング・チーム・ジャーマニーが母体となるプジョー・モーターサイクル・サクソンプリントは3日、オフィシャルテストが開催地中のヘレス・サーキット近郊で、チーム発表会を実施。昨季総合13位のアレックス・マスボーと総合11位のジョン・マックフィーが、マヒンドラのMGP30がベースとなる新車のカラーリングを発表した。

プジョーモーターサイクルのプロジェクトディレクター、エンリコ・ペレグリーノは、「プジョーがモーターサイクルレーシングの復帰を発表できることを大変誇りに思います。プジョーは素晴らしい歴史があり、レースは我々のDNAです。世界最古の二輪製造者として、1800年代末以来となる生産を再開しました。レースは1900年代の始め、100年ほど前に参戦し、ボルドールやモンツァで開催されたナイションズGPで多くの勝利を収めました。多くの世界記録を樹立したことからも、我々のDNAであることが確認できます。レースはプジョー、特に、プジョーモーターサイクルに大変多くの価値を属します。」

「モーターサイクルレーシングは、我々のブランドを、将来の顧客である特に若い世代に対して、さらに人気を高める最適な手段であり、Moto3™クラスのようなモーターサイクルレースで最も高いレベルに参戦することで強調されます。当然、我々の期待は高いですが、参戦1年目の目標は学習です。これがプロジェクトのスタートです。」

「我々はストロングなチームで参戦します。アレックス・マスボーは強く経験が抱負です。ジョン・マックフィーは才能のあるヤングタレントです。我々のラインナップは、非常に強く、約束されます。」

「長い間レース活動から離れていたことから、当然、最初はこのクラスを理解する必要がありますが、過去のような多くの成功を再び掴むことを期待し、長期間のプロジェクトをベースとしています。当然、我々の目的はチャンピオンシップの制覇です。2年後、3年後が楽しみです」と、参戦の目的と目標を説明した。

Tags:
Moto3, 2016, JEREZ MOTO2™ - MOTO3™ OFFICIAL TEST, Alexis Masbou, John McPhee, Peugeot MC Saxoprint

Other updates you may be interested in ›