初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「トンネルの出口が見えた」

マルケス:「トンネルの出口が見えた」

転倒後、約2時間の間にセッティングをラジカルに変更すると、1分55秒台を連発。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、オフィシャルテスト3日目に、13ラップ目走行中の最終コーナーで転倒、2日目に続き2度目の転倒を喫したが、7度のコースインで52ラップを周回すると、1分56秒台を15回、1分55秒台を最多の12回記録し、2日目の9番手から0.592秒差の4番手に浮上。

4度目のコースインでは、連続14ラップのロングランを実行し、1分56秒台を8回、1分55秒台を4回記録。「トンネルの出口が見えたから、率直にとても嬉しい。グッドなフィーリングが戻り、確かに転んでしまったけど、その原因は解っている。大きく良くなった。素晴らしい仕事をしてくれたチームに感謝したい。すごく頑張ってくれている。昨夜は深夜3時まで作業を進め、今日は朝10時にはサーキットに着いて仕事をしてくれた。」

「苦戦するトラックで前進したことが嬉しい。大きな変更をした。そこから信頼感が出始めて、走行中に出くわしたホルヘ(・ロレンソ)の後ろで、グッドなペースで走れた。その後も湿度が上がったセッション終盤の単独走行も良かった。」

「まだ十分ではない。もっと良くする必要があるけど、今日のテストの後で、レースに向けて自信がある。昨日はペースも信頼感もなかったから、僕たちのレベルが心配だった。今日は大きな前進を果たしたから、プレシーズン最後のテストの最終結果が嬉しい。ものごとを大きく理解して、グッドなレベルで走ることが許された」と、斬新的な変更が功を奏したことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›