初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

クラッチロー:「テスト全般に満足」

クラッチロー:「テスト全般に満足」

3度のオフィシャルテストで安定して上位に進出し、手応えを得て、プレシーズンの日程を終了。

LCR・ホンダのカル・クラッチローは、昨年所属チームでのデビュー戦で12番グリッドからサテライト勢の最高位となる7位に進出したサイトル・インターナショナル・サーキットに戻って来て、今年3度目、プレシーズン最後のオフィシャルテストに参加すると、HRCから今季使用するファクトリースペックのエンジンが投入され、電子制御の調整とタイヤテストを実行。

1日目8番手、2日目13番手だった後、3日目は、7度のコースインで46ラップを周回すると、1分56秒台を8回、1分55秒台を4回記録。フロントエンドのフィーリングが向上し、トップタイムから0.782秒差の7番手に浮上。

「3日目は2日目よりも良かった。僕たちは良い仕事をした。問題は他の多くのライダーたちと同じように全てのセッションに対して十分なタイヤの本数がなかったこと。不運にもロングランを中古タイヤで走っていた途中で、転倒してしまった。少し痛いけど、全体的には、今日のテストと今回のテスト全般に満足。緒戦に向け、この方向性で仕事を続けたい」と、最終日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, QATAR MOTOGP™ OFFICIAL TEST, T3, Cal Crutchlow, LCR Honda, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›