初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

オフィシャルテスト3日目:ロースが1番手再浮上

オフィシャルテスト3日目:ロースが1番手再浮上

最速時計はロース。最速ペースはフォルガー。ルティ、リンス、ザルコ、中上が続いた。

中量級のオフィシャルテスト3日目、最終日は13日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、最初の2日間で総合3番手だったサム・ロースがトップタイムをマーク。総合1番手に再浮上した。

3日間連続してドライコンディションの中、3度のセッションが実施され、最初のセッションは、16時30分から17時50分までの1時間20分。2度目のセッションは、決勝レースと公式予選と重なる19時10分から20時10分までの1時間。3度目のセッションは、21時30分から22時30分までの1時間。

2日間の総合で3番手だったロースは、2分00秒台を16回、1分59秒台を3回記録し、サーキットベストラップ(1分59秒423)を非公式ながら0.018秒更新する1分59秒405の1番時計を刻み、プレシーズンを締め括った。

2日間の総合で1番手だったトーマス・ルティは、2分00秒台を11回、1分59秒台を9回記録し、0.203秒差の総合2番手。2日間の総合で2番手だったジョナス・フォルガーは、2分00秒台を20回、1分59秒台を最多の10回記録し、0.247秒差の総合3番手。

2日間の総合で5番手だったアレックス・リンスは、2分00秒台を20回、1分59秒台を4回記録し、0.357秒差の総合4番手。最後のコースインでは、連続19ラップのレースシミュレーションを実行すると、2分00秒台を16回、1分59秒台を2回記録。

2日間の総合で8番手だったロレンソ・バルダッサーリ、2分00秒台を5回、1分59秒台を1回記録し、0.365秒差の総合5番手に浮上。

2日間の総合で4番手だった中上貴晶は、2分00秒台を10回、1分59秒台を4回記録し、0.410秒差の総合6番手。

2日間の総合で6番手だったヨハン・ザルコは、2分00秒台を最多の22回、1分59秒台を1回記録し、0.574秒差の総合8番手だった。

オフィシャルテスト3日目:
セッション7: 1分59秒894 (ジョナス・フォルガー)
セッション8: 1分59秒608 (トーマス・ルティ)
セッション9: 1分59秒405 (サム・ロース)

オフィシャルテスト2日目:
セッション4: 2分01秒405 (トーマス・ルティ)
セッション5: 1分59秒881 (ジョナス・フォルガー)
セッション6: 1分59秒690 (トーマス・ルティ)

オフィシャルテスト1日目:
セッション1: 2分00秒417 (サム・ロース)
セッション2: 2分00秒246 (サム・ロース)
セッション3: 2分00秒071 (アレックス・リンス)

サーキットレコードラップ: 1分59秒918 (2015年-ヨハン・ザルコ)
サーキットベストラップ: 1分59秒423 (2015年-サム・ロース)

オフィシャルテスト‐リザルト

Tags:
Moto2, 2016, QATAR MOTO2™ - MOTO3™ OFFICIAL TEST, FP, Thomas Luthi, Jonas Folger, Sam Lowes, #QatarTest

Other updates you may be interested in ›

Shell Advance Asia Talent Cup
Shell Advance Asia Talent Cup - Round 1 - Race 2

1 year ago

Shell Advance Asia Talent Cup - Round 1 - Race 2