初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、好感触を得てカタール入り

マルケス、好感触を得てカタール入り

功を奏したラジカルな変更により、ポジティブな感触を得て、4年目の開幕戦に挑戦。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、2月から始まった3度のオフィシャルテストで総合5番手、2番手、3番手。昨年1ラップ目にコースアウトを喫した影響で5位だったが、2年前に優勝、最高峰クラスのデビュー戦となった3年前に3位表彰台を獲得した開幕戦カタールGPで、昨年の反省からポイントの取りこぼしを回避し、可能な限り上位進出を目指す。

開幕戦の舞台、ロサイル・インターナショナル・サーキットで実施されたオフィシャルテストで、主に電子制御の調整を進め、最終日に転倒を喫した後、ラジカル的にセットアップを変更したことが奏して、フィーリングが向上すると、連続14ラップのロングランでは、1分56秒台を8回、1分55秒台を4回記録。

「シーズンが始まる。2週間前にここに来たとき、セッションの終わり前に、セットアップが大きく前進した。特に最後のコースインで、遅い時間帯で湿度が高くなった中、バイクの快適さを感じた。まだ改善の余地があるから、これはレースに向けてポジティブだ。」

「ロサイルのトラックは、僕たちのバイクにとって有利でないかもしれないけど、過去には優勝と表彰台を獲得したから、可能な限りのベストリザルトを獲得するために闘おう。例えば、レース距離でのタイヤ消耗やバイクの挙動など、予想不可能なことがあるけど、ホンダは絶えず懸命に働き続け、チームも僕も懸命に働くから、僕はポジティブだ。アクションを始めたい」と、緒戦の意気込みを語った。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›

Box Repsol
Repsol Honda QatarGP Preview

1 year ago

Repsol Honda QatarGP Preview

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
ミラー、負傷から順調に回復

1 year ago

ミラー、負傷から順調に回復