初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ルティがキャリア初の1番手発進

フリー走行1:ルティがキャリア初の1番手発進

中量級最多参戦を誇る29歳のスイス人ライダーが、参戦14年目で初めての1番手発進。

開幕戦カタールGPのフリー走行1は17日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、昨年総合5位のトーマス・ルティがトップタイムをマーク。シーズン最初のセッションを制した。

気温25度、路面温度24度のドライコンディションの中、先週末に当地で開催された3日間のオフィシャルテストで総合2番手に進出したルティは、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分00秒台を7回、1分59秒台を1回記録。サーキットレコードラップ(1分59秒731)を上回る1分59秒731の1番時計を刻んだ。

オフィシャルテストで総合1番手だった昨年総合4位のサム・ロースは、14ラップ目に転倒を喫したが、2度のコースインで13ラップを周回すると、2分00秒台を6回、1分59秒台を1回記録し、0.179秒差の2番手。

オフィシャルテストで総合8番手だった昨年の王者ヨハン・ザルコは、2度のコースインで19ラップを周回すると、2分00秒台を最多の13回、1分59秒台を1回記録し、0.246秒差の3番手。

オフィシャルテストで総合3番手だった昨年総合6位のジョナス・フォルガー、オフィシャルテストで総合13番手だった昨年総合20位のマンセル・シュレッターがトップ5に進出。

オフィシャルテストで総合6番手だった昨年総合8位の中上貴晶は、2度のコースインで最多の20ラップを周回すると、2分01秒台を4回、2分00秒台を8回記録し、0.467秒差の6番手だった。

フリー走行1

Tags:
Moto2, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP1, Sam Lowes, Thomas Luthi, Johann Zarco, CarXpert Interwetten, Ajo Motorsport, Aprilia Racing Team Gresini, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›