初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネ、最高峰クラスで初の総合1番手

イアンノーネ、最高峰クラスで初の総合1番手

最速ラップを連発して、最高峰クラス52戦目で初のフリー走行総合1番手に進出。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、開幕戦カタールGPの2日目に連続して1番時計を記録。昨年最高峰クラスで初表彰台を獲得した当グランプリで、フリー走行総合1番手に進出した。

初日に3番手発進した後、2日目はフリー走行1で1番手に浮上すると、フリー走行3は、3度のコースインで18ラップを周回すると、1分55秒台を5回、1分54秒台を2回記録。サーキットレコードラップ(1分55秒153)を大きく上回る1分54秒639の1番時計を刻んだ。

「ベストタイムで3度のプラクティスを終えたから、僕たちにとって非常にポジティブな1日となった。僕たちは良い仕事をしている。バイクは非常に強いから、この方向で進み、改良して行く必要がある。フリー走行2はハードタイヤでポジティブだった。」

「フリー走行3でソフトタイヤを試したけど、まだタイヤ選択が難しい。テストではリアにハードタイヤを使用し、昨日もそのタイヤでそれほど悪くなかったから、僕たちは落ち着いている。明日のフリー走行4は、最終的な決断を下すことに役立つだろう」と、手応えの2日目を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3, Andrea Iannone, Ducati Team, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›