初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、2日目は連続7番手

ロッシ、2日目は連続7番手

ハードタイヤとエンジンの問題で、初日の2番手から7番手に後退。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、開幕戦カタールGPの2日目に連続7番時計を記録。フリー走行総合で、トップタイムから0.536秒差の7番手だった。

初日2番手発進した後、2日目はフリー走行2で0.495秒差の7番手。フリー走行3は、4度のコースインで17ラップを周回すると、1分55秒台を7回記録。「今日は少し難しかった。特にフリー走行2。幾つかトライしたけど、タイヤがもう少し硬いと思っていた。不運にも機能せず、好きじゃないから、バイクの沢山の仕事をした。」

「フリー走行3は少し良かった。不運にも1号車のエンジンに問題があったから、バイクの乗り換えを強いられたけど、2号車に良い感じがあった。リアにミディアムタイヤを装着してグッドなペースで走れた。非常に高い戦闘力があると思う。その後にソフトタイヤを履いたけど、パーフェクトラップができなかった。これはセッティングがOKではないという意味。仕事をしないと。」

「トップ10に進出したことが重要。セッティングを改良するためのフリー走行4が控えている。上位からスタートすることが非常に重要となる。そうでないと、ものごとは非常に難しくなる」と、2日目を反省し、3日目の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, FP3, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›