初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス、PP逃すもペースに手応え

マルケス、PP逃すもペースに手応え

幻のポールポジションになってしまったが、フィーリングとペースに好感触。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、開幕戦カタールGPの公式予選でトップタイムから0.091秒差の2番時計を記録。レースシミュレーションとなるフリー走行4では、1分55秒台を最多の7回記録して、0.165秒差の2番手に進出。

「嬉しい。最初はベストタイムをマークしたと考えたけど、パルクフェルメに到着すると、チームから最後のラップを始める前にチェッカーフラッグが振られたことを伝えられた。ディスプレイの表示は54.2秒だったから、ポールポジションを獲得したと考えたけど、そのラップが数えられなかった。バイクのフィーリングと全体的な進み方が嬉しい。」

「予選後のスタート練習で転びそうになってしまった。何かが起こってしまったから、検証が必要だ。明日は今日のペースを維持できるか確認しよう。レースに向けて、グッドなペースだと思う」と、予選を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Q2, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›