初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マーベリックが昨年の13番手から3番手に浮上

マーベリックが昨年の13番手から3番手に浮上

最高峰クラスのデビュー戦となった昨年の13番手から3番手に大躍進。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、開幕戦カタールGPの公式予選でトップタイムから0.095秒差の3番時計を記録。昨年6月の第7戦カタルーニャGP以来2度目の1列目に進出すれば、フリー走行4では、1分56秒台を9回記録して、0.736秒差の8番手。

「とても幸せ。信じられない仕事で、冬の間の懸命な仕事から有益なことを活かしている。これはまだ予選。レースは明日。地に足を付けるけど、3番手はすごく良い感じ。誇りに感じる。昨年は13番手からのスタート。今年は3番手だから、懸命な仕事の成果であることを意味する。」

「冬の間に開発作業を進めてくれたスズキに感謝したい。僕をフルサポートしてくれるチームにも感謝したい。エクストローディナリーなラップは、冬の間に実行したトレーニングの成果。僕は昨年の経験を活かしている。エンジンも大きな前進を遂げた」と、会心の笑みで予選を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Q2, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›