Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤマハがロッシとの2年契約更新を発表

ヤマハがロッシとの2年契約更新を発表

最高峰クラスに参戦するレギュラーライダーたちが今季末で契約が満期となる中、先陣を切って、ヤマハとロッシが契約を更新。

ヤマハ発動機は19日、ファクトリーチームのモビスター・ヤマハ・MotoGPに所属するバレンティーノ・ロッシとの2年契約更新を発表。今回の契約により、2017年と2018年も引き続き、ファクトリーチームから参戦することが決定した。

37歳で通算21年目のシーズンを開始したロッシは、ヤマハからのデビュー戦となった2004年4月の開幕戦南アフリカGPを優勝で飾ると、2010年までの7年間で4度のタイトル獲得に成功(20004年、2005年、2008年、2009年)。2013年に復帰してから、総合4位、総合2位、総合2位に進出。昨年は4度の優勝を含めた15回の表彰台を獲得していた。

オープニングレースの直前に契約更新を発表したロッシは、「ヤマハとの契約を更新し、さらに2年間、一緒に戦えることがとても嬉しい。戦う能力が残っている限り、同時に、それを楽しむことができる限り、少しでも長くこのモータースポーツに参戦することが僕の目標だから、今回の契約がとても嬉しい。2013年に復帰して以来、まるでホームに戻ってきたような感じがあり、それが結果にも反映されていると思う。」

「チームのみんなと共に働くことに喜びを感じ、彼らの支援に心から感謝。今シーズンも、そして次の2年間もベストリザルトを目指し、YZR-M1で走り続けたい。いつも、どんなときも僕を応援してくれるファンのみんなにもありがとうと言いたい。彼らがこれからも楽しんでもらえるように、一戦、一戦プッシュし続けるつもりだ」と、契約更新の抱負を語った。

ヤマハ・モーターレーシング・マネージングダイレクターのリン・ジャービスは、「バレンティーノとの契約更新は、世界中のヤマハファンとMotoGP™ファンにとって、耳に届く、ミュージックのような大変嬉しいニュースになると確信します。双方にとって、この強力な約束は新しいシーズンを迎えるにあたって、最良なスタートではないだろうか。」

「バレンティーノ側からは、愛するモータースポーツとヤマハ・ブランドに対する約束が表明され、ヤマハ側からは、このスポーツに対する情熱と4度のタイトル獲得をもたらし、2年連続総合2位を獲得したようにまだ高い戦闘力を維持しているライダーに対する正しい評価が確認されました。」

「彼にとって、2013年の復帰は、『人生の決断』でした。今回の合意は、バレがヤマハでモーターサイクルレーシングのキャリアを終える決意でしょう。その前にヤマハのファンは、通算10度目のタイトル獲得に挑戦する『ザ・ドクター』のエキサイティングなパフォーマンスをあと3年楽しむことができるでしょう」と、期待を語った。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP

Other updates you may be interested in ›