初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:日本GP勝者のアントネッリが優勝

決勝レース:日本GP勝者のアントネッリが優勝

8人による優勝争いが展開され、アントネリが優勝。尾野と鈴木は18位と28位。

開幕戦カタールGPの決勝レースは20日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、昨年総合5位のニッコロ・アントネッリが8人による優勝争いに競り勝ち、昨年10月の第15戦日本GP以来、キャリア通算3勝目を飾った。

気温22度、路面温度29度のドライコンディションの中、ウォームアップ走行で1番手に進出した7番グリッドのアントネッリは、ゴールライン直前で逆転に成功。週末3度の転倒を喫し、体調を崩していたが、ホンダに2年連続の開幕戦優勝をもたらせば、6番グリッドのブラッド・ビンダーは、0.007秒差の2位。昨年10月の第17戦マレーシアGPに続く自己最高位タイを獲得。

12番グリッドのフランセスコ・バグナイアは、0.148秒差の3位。昨年5月の第5戦フランスGP以来となる表彰台を獲得すれば、ウォームアップ走行に参加しなかったポールポジションのロマーノ・フェナティ、8番グリッドのエネア・バスティアニーニがトップ5に進出。

13番グリッドのニコロ・ブレガは、10人の新人勢の中で最高位となる6位に進出。4番グリッドのホルヘ・ナバーロ、2番グリッドのリビオ・ロイ、9番グリッドのフィリップ・エッテル、16番グリッドのヤコブ・コーンフィールがトップ10入り。3番グリッドのファビオ・クアルタラロは13位。

ウォームアップ走行で21番手だった29番グリッドの尾野弘樹は、6人による16位争いで18位。ウォームアップ走行で25番手だった25番グリッドの鈴木竜生は、7人による23位争いで28位だった。

リザルト-決勝レース

Tags:
Moto3, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, RAC, Francesco Bagnaia, Niccolò Antonelli, Brad Binder, Ongetta-Rivacold, Pull & Bear Aspar Mahindra Team, Red Bull KTM Ajo, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›