初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:最多参戦のルティが優勝発進

決勝レース:最多参戦のルティが優勝発進

8人がジャンプスタートにより、6人がライドスルー、2人が20秒加算のペナルティが科せられた中、クラス最多参戦のルティが優勝。

開幕戦カタールGPの決勝レースは20日、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、昨年総合5位のトーマス・ルティが優勝。昨年5月の第5戦フランスGP以来、中量級で6勝目、キャリア通算11勝目を挙げた。

気温22度、路面温度24度のドライコンディションの中、5番グリッドのフランコ・モルビデッリは、ゴールラインまでルティとの優勝争いを繰り広げたが、ジャンプスタートにより、20秒のペナルティが科せられて7位。5番手でゴールラインを通過した6番グリッドのサンドロ・コルテセも20秒のペナルティにより、15位に降格。

2番グリッドのサム・ロース、3番グリッドのアレックス・リンス、4番グリッドのヨハン・ザルコ、7番グリッドのマンセル・シュレッター、8番グリッドの中上貴晶、27番グリッドのロビン・ミュールハウサーは、ジャンプスタートにより、ライドスルーのペナルティを科せられると、リンスが8位まで挽回。ロースは10位、ザルコは12位、中上は14位に進出。

17番グリッドのルイス・サロンは、13番グリッドのシモーネ・コルシとの2位争いに競り勝って、中量級での自己最高位となる2位を獲得。15番グリッドのハーフィス・シャハリンは、自己最高位の4位。14番グリッドのドミニケ・エガーター、10番グリッドのダニー・ケントが続き、25番グリッドのルカ・マリーニが7人の新人勢の中で最高位となる10位に進出。

ウォームアップ走行で2番手だったポールポジションのジョナス・フォルガーは、ホールショットを決め、トップを独走していたが、3ラップ目の4コーナーで転倒リタイア。

公式予選で7番手に進出したロレンソ・バルダッサーリは、タイムアタック中に転倒を喫した際に両肩を脱臼したことから欠場した。

決勝レース

Tags:
Moto2, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, RAC, Simone Corsi, Thomas Luthi, Luis Salom, Garage Plus Interwetten, Speed Up Racing, SAG Team, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›