初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バウティスタが最後尾から12位争い

バウティスタが最後尾から12位争い

2年連続して1ラップ目に他車と接触したが、完走とポイント圏内進出という最低限の目標を達成。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、17番グリッドからスタート直後に他車と接触したことが原因で出遅れたが、レース中盤から公式予選のベストラップに接近するペースで巻き返し、終盤には3人のよる12位争いを展開。昨年は21番グリッドから1ラップ目に他車と接触したことが原因で、シーズン唯一のリタイアを強いられたが、今年は41.932秒差の13位でチェッカーを受けた。

「僕たちにとって完走することが重要だったけど、公園に散歩に来ている訳ではない。上手くスタートを切ったけど、1コーナーで他車と接触して、ワイドに走ることを強いられ、大きく引き離され、最後尾に後退してしまった。そこから、自分のペースを刻んだ。序盤、グリップのストレンジなフィーリングを抱えた。これは検証が必要だ。」

「終盤にミラー、ラバティとグレートなバトルを繰り広げた。僕たちにとって13位はグッドなリザルト。この緒戦に挑戦するために、ノーストップで働いてきたチーム、アプリリア、プロジェクトに関係するパートナーたちに感謝したい」と、完走とポイント圏内の進出という最低限の目標を達成したことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
After the Flag: エピソード1

9 months ago

After the Flag: エピソード1

motogp.com
パドックガール

9 months ago

パドックガール