初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ビニャーレス、週末の走りを再現できずに6位

ビニャーレス、週末の走りを再現できずに6位

ベストリザルトタイの6位に進出し、目標のトップ6入りを達成したが、週末の走りを再現できず、原因を追求。

チーム・スズキ・エクスターのマーベリック・ビニャーレスは、開幕戦カタールGPの決勝レースで、3番グリッドから15.423秒差の6位に進出。昨年の第7戦カタルーニャGPと第16戦オーストラリアGPで獲得したベストリザルトに並び、デビュー戦となった昨年の14位(33.463秒差)から成長した走りと2016年型GSX-RRの戦闘力が向上したことを証明した。

「最終的に6位は悪くないけど、十分ではない。週末を通じてすごく良い感触があり、レースペースは、1分55秒台を刻んでいたけど、レースでは同じような走りができなかった。正直、その理由が確かではない。適したフィーリングを見つけることができず、バイクは大きく滑っているような感じを受けたから、データを検証し、何が発生し、何が変更したのかを理解する必要がある。」

「週末を通じて、トップにかなり接近していたことは、ポジティブなこと。もしかしたら、週末全体が凄く良かったから、少し不運だったかもしれない。」

「アルゼンチンに行き、GSX-RRの仕事をすることが待ち切れない。大きなポテンシャルがある。もし、もう少し良いグリップが見つかり、フルシームレスギアボックスのセットアップが仕上がれば、トップポジションを争えることは確実だ。」

「ファクトリーとチームに感謝しないと。僕をサポートする素晴らしい仕事をしている。懸命に働き続ければ、最善の解決策が見つかるはずだ」と、原因を究明して次戦に挑戦することを強調した。

Tags:
MotoGP, 2016, COMMERCIAL BANK GRAND PRIX OF QATAR, RAC, Maverick Viñales, Team SUZUKI ECSTAR, #QatarGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
パドックガール

9 months ago

パドックガール