初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ、さらなる前進を目指す

ペドロサ、さらなる前進を目指す

課題は、ライディングポジション、バイクの挙動、セットアップ。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、最高峰クラス11年目、キャリア通算16年目の開幕戦で5位発進した後、昨年こそ右前腕の手術で欠場したが、初開催された2年前に3番グリッドから2位表彰台を獲得したアウトドルモ・テルマス・デ・リオ・オンドで、最高峰クラスで初、キャリア通算4度目のタイトル獲得を目指し、ポイントリーダーとの14ポイント差を詰めに行く。

「カタールでは、ウインターテストと比較して、セットアップは一歩前進した。僕たちのペースは良くなり、レースではそのペースを維持することができた。すごく安定していた。過去の経験から、要求が非常に厳しいトラックに対して、右前腕が上手く耐えたことは、ポジティブなこと。バイクのことを学習したけど、十分ではない。」

「現時点で上位陣とのギャップが大きいから、ライディングポジション、トラックに対するバイクの挙動、そして、良いスピードを見つける目的で全体的なセットアップの改良が必要。これらがアルゼンチンの目標となる。昨年は欠場したけど、2014年の良い思い出がある。トラックのレイアウトが好き、さらに前進したい」と、週末の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2016, GRAN PREMIO MOTUL DE LA REPÚBLICA ARGENTINA, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #ArgentinaGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›

Box Repsol
Repsol Honda ArgentinaGP Preview

1 year ago

Repsol Honda ArgentinaGP Preview